Top > 注意事項

Precaution

注意事項

  • 路面、立木、電柱、門柱、塀等の損傷を防ぐ為、路面から10cm程度、立木、門柱、塀等から30cm以上を残して作業を行います。手作業による排雪はしておりません。
  • ロータリー車が入った後はタイヤショベルで残った雪を取るように排雪処理を行っておりますが、タイヤショベルが入るまでに時間がかかる場合もございます。尚、その間に雪を出すのは禁止とさせて頂きます。もし雪を出した場合は次回の排雪となります。
  • 作業範囲内での駐車は作業できませんのでご注意ください。その場合でも作業1回分とさせて頂きます。
  • 塀の有無にかかわらず敷地内に作業車は入りませんので、外側に雪を堆積してください。
  • 大雪や道路状況によって、予定日にお伺い出来ない事もありますので、車の出入りに支障のある場所(車庫前やカーポート前等)に雪を堆積するのは原 則禁止とさせて頂きます。やむを得ず堆積する場合は、車の出入りに支障をきたしても、当社では対応出来かねますのでご了承ください。
  • 細心の注意を払って作業を行いますが、路面・堆積の状況によっては、歩道のアスファルトや縁石に多少の傷を付けてしまう事もありますのでご了承ください。また、公道についての破損は事故の因果関係が認められない限り補償致しかねます。
  • 契約場所以外の雪を出すなどのルール違反が確認された場合の契約解除、及びお客様の都合による契約解除の場合、返金は致しません。
  • 大雪など積雪量によって、ダンプに積みきれない場合は、現場担当の判断により次回の排雪となる事があります。
  • 屋根(車庫・物置等も含む)の雪等は、排雪の対象となりませんので持ち込まれても排雪する事はできません。
  • 降雪が少なく、排雪が少量であった場合も、作業1回分とさせて頂きます。
  • 車両の通行により、路面がぬかるんでタイヤの跡が残ってしまう場合がありますが、公道の排雪は契約外となりますので、地域の土木課に対応していただく事となります。ご協力願います。
  • 大雪によって道路幅が極端に狭くなったり、道路除雪が行われていないために作業車が入れない場合や雪捨て場の開閉状況等の事情により、作業の遅れ や数日以上日程がずれ込む事もあります。その場合の事前連絡は致しませんので、どうぞご了承ください。また、排雪作業時間も上記の様な理由で変わりますの で、お問い合わせ頂きましても正確な時間をお伝えする事はできません。

目印設置のお願いコチラをご覧下さい。

  • 歩道に面した部分の塀や花壇等は、積雪によって見えなくなってしまうため、必ずその部分に長い棒等で目印を設置して下さい。
    また、塀や花壇等から程近い位置に目印を設置すると誤って破損させてしまう事もありますので、多少余裕を持たせた位置に目印を設置して下さい。 目印の設置が無く、塀等を破損させた場合は補償致しかねます。
    また、適切な位置に目印が無い場合の破損に付きましても同様とさせて頂きます。 それ以外の作業による塀等の破損は責任を持って補修させて頂きます。
  • シーズン前にご契約の目印の旗をお届け致しますので、道路から見えやすい所に立てて下さい。
    旗をつける支柱はお客様でのご用意をお願いしております。

雪の堆積場所について

<通常1面契約の場合> <角地で1面契約の場合> ※角の隅切り部分には堆積しないで下さい。
この部分を排雪する場合は2面料金となります。
画像 画像

※敷地の範囲以内で歩道部分に1か所に雪を堆積して下さい。

  • 塀の有無にかかわらず敷地内に作業車は入りませんので、外側(歩道部分)に雪を堆積して下さい。
  • 大雪や道路状況によって、予定日にお伺い出来ない事もありますので、車の出入りに支障のある場所(車庫前や カーポート前等)に雪を堆積するのは原則禁止とさせて頂きます。 やむを得ず堆積する場合は、車の出入りに支障をきたしても、弊社では対応出来かねますのでご了承下さい。
STEP-1 STEP-2 STEP-3-FINISH
1・雪は指定の箇所に溜めておいて下さい。<よくある質問> 2・毎週同じ曜日に伺い、ロータリー車でダンプに積んで排雪します。 3・ロータリー車が通ったあとはタイヤショベルでならします。

<ページtopへ